小嶋歯科医院  横浜市港北区箕輪町2−4−34 045−563−4181

CTでさらに細かな診断が可能に


『長い間治療を続けていたが、痛みがなかなか取れない。』


30代男性 の場合
会社帰りに職場近くの歯科医院へ通っていたが、どうしても痛みが取れず、『抜歯をして、インプラントかブリッジしかないです。』と言われました。
出来れば抜歯は避けたかったので知人に相談したところ、『歯周病の専門医に見てもらうのが良い』との助言をもらい来院しました。


早速診察をしてみると奥歯の根の治療はしてありました。それならば痛みや腫れは無いはず。長年の経験と感から別の疑いを考えました。
同じ臼歯に別の根があるのではないか?器具を使用し調べると間違いなくもう1本の根があります。そこでCTにより検査をしてみるとはっきりと見つかりました。痛みの原因です。
下の2枚の写真は上が一般的なレントゲン写真で下がCTによる診断画像です。
上の写真で診断をする限り、根の治療はされており、抜歯という診断もおかしくはありません。しかしCTで見てみると別の根がはっきりと見え、そこに病巣がありました。
虫歯や歯周病は細菌による感染症です。そのため病巣を根絶しなければ、骨の再生治療をしても意味がありません。
今回の症例では新たに見つかった根の病巣を治療し、骨の再生を待ってから補綴物をかぶせる治療に入ります。

前回の治療で骨の再生を待つ事にした患者さんですが、半年後に来院されたのでX線で確認をしたところ、かなりの骨が再生されていました。
原因がなかなか分からなかったために、根の細菌感染が完治せず骨まで浸食していました。
前回のレントゲン写真をみた場合、抜歯もやむを得ないと判断するケースが多いのですが、CTによって原因がはっきりし、抜歯をせずに骨が再生した症例です。

『一般歯科や歯周病の治療にも活躍するCT。』


下の2枚の写真は歯周病で来院された患者さんの写真です。上は一般的なレントゲン写真で下はCTによる診断画像です。
上の青い部分を見てみると骨はあるように見えます。(白くもやがかかったように見えるのが骨です。)
しかし、下のCT画像を見てみると骨がなくなっている部分がくっきりと見えます。
歯周病や虫歯の細菌は歯や骨を冒していきますが、進行がすすむほど複雑になるため、診断も難しくなります。
小嶋歯科では横浜だけではなく、遠方からも治療に来られる患者さんがいるため、CTの導入をし迅速な診断が出来るように努めております。








超高齢化社会へ!
歯科治療が変わる?
日本における高齢化の波はこれからいっそう加速していきます。医療費の問題や保険など多くの問題が浮かび上がってくるでしょう。
できるだけ早い時期から、歯科治療に対する知識を持ち、治療•予防に望むことが特に大切になることでしょう。
そのお手伝いをすることが、私たちの役割だと考えております。

診療科目

一般歯科、小児歯科、予防歯科、矯正歯科、審美歯科

診療時間(月•火•水•金•土)

午前9:30〜13:00
午後14:45〜 18:00

休診日

木曜日•日曜日•祝祭日

各種保険取り扱い

国保•社保等
神奈川県横浜市港北区箕輪町2−4−34
電話045−563−4181